So-net無料ブログ作成
検索選択

太陽光発電の補助金や価格・売電効率の比較検討しよう

太陽光発電の架台

太陽光発電のパネルなどは、太陽光を浴びる為に設置するわけですから、当然外で、風のあたりが強いところです。

ですから、太陽光発電架台については、強度が求められています。

近年の異常気象とも言える極端な暴風雨は各地で屋根などの破損という被害をもたらしています。

一般住宅の太陽光発電設備は屋根の勾配に合わせて設置するので、暴風に対しても安全といわれています。

しかし、10kw以上の大型太陽光発電などの場合、発電効率の良い角度に架台を傾斜してアレイを取り付けはしますが、突然の暴風雨などに関して架台の強度は万全にしておかなければなりません。

特にアレイを支持する架台は、架台の各部の骨組み部材、プレーシング、接合部、アンカーボルトなどの基礎部分のすてべに関して荷重に対して許容応力と撓み以内に有ることが必要です。

このことから暴風時、地震時、積雪時に太陽光発電設備の強度の確保するためには、アレイ架台の強度計算と詳細設計図により製作して安全を保つ事が重要です。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ