So-net無料ブログ作成
検索選択

太陽光発電の補助金や価格・売電効率の比較検討しよう

ケーズデンキの太陽光発電

太陽光発電に関する話題があちこちで沸いています。

電力会社への売電が2倍や、太陽光発電の技術開発の進歩など、太陽光発電を取り巻く環境は良くなっています。

北関東を中心に展開しているケーズデンキでも、太陽光発電のコーナーを設置、係員も増員をして対応をしています。

ケーズデンキでは、2001年度は、太陽光発電の成約は前年の約8倍という数字に、ますます息を荒くしています。

お客としても、ケーズデンキのような量販店で全てがそろい、今ならエコポイントやケーズデンキのポイントなど、上手なお買い物ができます。

太陽光発電の関心の高まりもこれからが本物という見方もありますが、お近くのケーズデンキ、のぞいてみてはいかがでしょう?


まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電、奈良では?

奈良県水道局では、御所浄水場に太陽光発電を導入しました。

この奈良の取り組みは、平成16年度環境省からの補助及び関西グリーン電力基金からの助成を受けた事業の一つです。

ご家庭に太陽光発電を取り付けるという場合、奈良では太陽光発電設備の設置を促進させるため、個人を対象に指定金融機関で融資を受けられた際の利息を全額補助する制度を開始します。

具体的な利用方法には無利子融資と利子補給があります。

このほかにも、補助金として国からの1kwあたり7万円が出ますから、ますます太陽光発電を取り付けやすい環境になっています。

奈良県生駒市では、奈良県で唯一の住宅用太陽光発電システムの補助金制度があり、補助金額は1件10万円です。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電、神奈川県の取り組み

神奈川県太陽光発電はどうだろうということを見てみると、ほぼ平均的な発電量といえます。

冬は雪が降らず東北地域や新潟地域より発電します。

問題は真夏の場合で、首都圏の一つである神奈川県はアスファルトや建物が多いため、直射日光だけでなく地熱の反射・エアコンによる室外機からの温風などで、太陽光発電の効率が落ちてしまいます。

ただし、神奈川県の場合、標高は低いので日照時間は長いのが特徴です。

神奈川県での県単位の太陽光発電の補助金に関しては、県以外にも市町村単位で補助金制度がありますから、住んでいる自治体に問い合わせてみてください。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電のメーカー

太陽光発電メーカーというのは一つでありません。

実際に施工業者に太陽光発電の取付を依頼する際には、メーカーの説明を受けましょう。

メーカーによってはメリットデメリットや価格についても様々あります。

そのような太陽光発電メーカーを説明してくれずに、どんどんと工事を進めていくような業者は、要注意です。

そのような形にならないように、事前に太陽光発電メーカーについての知識を持っておくということも大切です。

そうすると説明を受けるだけではなく、いろいろと質問もできますから。

施工業者とメーカーの関係性が深い場合もありますが、ここは自分が良いと思ったメーカーと強く出られるというのも一考です。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電と減税

太陽光発電の国の補助金は、1kw当たり7万円を支給するものですが、条件があります。

1kw当たりの価格が工事費込みで70万円以下であることですが、屋根面積が小さく、発電容量の小さなシステムしか載せられない都市部の住宅などでは、70万円以上の工事費用が多いのが実情です。

そこで、この条件に満たない場合、救済措置として減税があります。

既築住宅にローンを組まずに太陽光発電を取付をする場合に、上限300万円で10%の金額を所得税額から差し引く減税です。

しかし、この減税制度にも窓断熱などの省エネ改修工事と同時に設置するという条件があります。

太陽光発電の取付が減税対象になるのは過去に例がありませんが、それだけ国が二酸化炭素排出削減に力を注いでいるということでしょう。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電のアイデア製品

太陽光発電は、屋根に取り付ける大掛かりなものばかりではありません。

キットなどを利用して、自作のアイデア製品を作ることができます。

家庭内の全ての電気をまかなうというものではなく、小さな電力で動く電化製品などでは、アイデア製品など対応ができます。

太陽光発電の簡単なキットなどは、ブログで紹介されたり、ネットショップなどで入手できます。

また、工業高校などでは、生徒による太陽光発電アイデア製品が紹介されたり、実際に実用化できそうなものもあったりします。

太陽光発電アイデア製品は、日曜大工がお好きな方であれば、案外簡単にできるということですが、挑戦してみませんか?

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の補助金、与党民主党の姿勢

政府は、太陽光発電の余剰電力を電力会社が現在の2倍の価格で買い取る制度をスタートさせる予定でいます。

この狙いとしては、太陽光発電の設備負担を軽減することで急速な普及を図ることで、同時に補助金の充実も目的としています。

民主党は先の環境問題について、二酸化炭素排出の大幅な削減を明言しましたが、単に交通量の規制だけでは達成できない数字となっています。

また、民主党は風力や水力などすべての再生可能エネルギーの買取制度の創設を公約しています。

2年以内の買取対象拡大を検討していますが、そうでもしないと民主党の公約は嘘っぱちということになります。

温暖化対策の切り札としての補助金や買取倍増計画はいいですが、太陽光発電やそれ以外の買取制度の充実を約束した民主党ですが、今後の出方と数字が楽しみです。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の関連銘柄

太陽光発電関連銘柄というと、環境や半導体メーカー、電気メーカーなど様々な種類の関連銘柄があります。

太陽光発電で注目される関連銘柄として、太陽光を発電変換させるモジュールの製造に絡む企業です。

太陽光発電モジュールには2種あり、1つは圧倒的多数を占めるシリコンの単結晶または多結晶を原料とするタイプです。

もう1つは、ウェハーを太陽光によって発電するソーラーセルを製造する企業、最後にソーラーセルをパネル化してソーラーモジュールを製造する企業がそれぞれ太陽光関連銘柄と呼ばれます。

具体的な太陽光発電関連銘柄として、サンテック、シャープ、京セラ、三洋電機などが挙げられます。

そのほか太陽光発電関連銘柄として、兼松、昭和シェル石油、保護フィルム製造の凸版印刷、日本ガイシなどがあります。

これからも環境問題に関しては、注目される太陽光発電関連銘柄として、息の長い成長が見込まれています。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電とシャープ

シャープ太陽光発電といえば、「サンピスタ」。

シャープの「サンビスタ」システム出力3kw以上のシステムを設置した場合、200万円の割増融資が受けられます。

また、シャープ独自の特別低利融資「サンビスタローン」も利用できます。

シャープ太陽光発電は日本全国で設置され、好評なようです。

全国的にも知名度も高いことから、シャープ太陽光発電、考えてみませんか?


まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の見学会

住宅展示場というのは、これからマイホームをお考えの方には楽しみな場所でもあります。

そんな中で、太陽光発電の展示をしている場合や太陽光発電だけの独自の見学会もあります。

時代でしょうか、最近では、エコブームの手伝って、集客状況はいいようです。

いざ太陽光発電といっても、システムも仕組みもわからないという方が多いのと、知名度にしてもそれほど大きいわけではないというのが、集客が良い理由でもあるようです。

まずは見学会でというのがお勧めです。

太陽光発電見学会に行ったのなら、きちんと説明を受け、無理やり押し切られるのではなく、自己責任で契約を決めましょう。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ