So-net無料ブログ作成

太陽光発電の補助金や価格・売電効率の比較検討しよう

太陽光発電のダンデム型って?

太陽光発電の技術開発は毎年新しいものが出ていますが、2009年6月の太陽光発電に関する展示会「PV JAPAN2009」で目立ったのが太陽光発電ダンデム型の太陽電池でした。
このダンデム型というのは、アモルファスSi系薄膜太陽電池パネルです。

ダンデム型は異なる波長帯に吸収のピークを備えた半導体層を積層して、より幅広い波長の光を電力に変換することを目指した太陽電池です。

ダンデム型太陽光発電のパネルは、産業用での活躍が期待されています。

このような太陽光発電の開発は日進月歩で進んでいますが、より低コストになるということが何よりも理想ですね。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電、マンションではどうでしょう?

マンションにお住まいの方でも太陽光発電は可能です。

日当たりの良いベランダを利用しての、簡易的な太陽光発電ですが、小さな電力を使用するものであれば、充分な発電量があります。

マンションでは、屋根におくパネルではなく、ベランダに置くものですから、大きさはしれています。

ですから、金額的にも屋根に取り付ける大掛かりな太陽光発電パネルの10分の一くらいの予算で利用ができます。

また、太陽光発電マンションというのも最近建てられています。

これはマンション内の共用部分の電気量を補うもので、階段や廊下、ホールなどで使用される電気をまかなうものです。

クリーンなマンションとしての売り出しもできますし、太陽光発電の戸別の利用も期待したいところですね。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の設置

太陽光発電設置場所といえば、ずはり太陽の光が当たる場所です。

簡単なキットなどを使用する場合は、ご自分で昼間の太陽光の位置を確認して設置をしてください。

大掛かりな太陽光発電に関しては、施工業者が的確な設置場所を示してくれます。

そこで、新築などで、デザイン的なことで言いたい事があれば、どんどんと相談をしてみてください。

太陽光発電設置場所に関しては、太陽光が何より大切ですが、デザインに関しては譲れないということもあるでしょう。

ですから、太陽光発電設置を考慮したうえで、物事を進めていくということも大切かもしれません。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電のキットシステム

太陽光発電に興味あるけれど、なかなか高くて手が出せないとお考えの方、キットシステムを使ってみてはいかかでしょう。

ソーラーパネルだけの簡単なものがあり、太陽があたる場所に設置するだけで、太陽光発電を体験できます。

自治体によっては、貸し出しをしているところもありますから、気軽に太陽光発電を体験することができます。

キットシステムは簡単な仕組みになっていますから、太陽光発電の仕組みもなんとなくわかります。

太陽光発電キットシステムを使ってから、本格的な太陽光発電をしようするというのもいいかもしれません。

お近くの販売店の他にも、キットシステムはネットショップなどでも入手できます。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電と東京電力

東京電力の太陽光に関する活動というと、太陽光発電所の建設があります。

東京電力として太陽光発電についての活動は自社設備としての設置や太陽光発電を活用したエネルギーサービスの提供などがあります。

また、家庭などで余った電力の買取やグリーン電力基金を通じた導入支援というような取り組みも行っています。

経営状態も良いことですが、二酸化炭素を排出する従来の電力ばかりではなく、太陽光発電という発電においても東京電力の技術が生きてきます。

太陽光発電所については、電力供給設備として、東京電力初のメガソーラー発電の設置となります。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電という商品

太陽光発電にはいくつかの種類があります。

ですから、太陽光発電商品は系統連系型と独立型に分かれます。

系統連携型商品は、商用電力系統と連系して電気を売買するシステムです。

太陽光発電の発電量が不足するときには電力会社から電気を購入し、発電量が余ったら売電ができます。

住宅用太陽光発電システムや公共産業用太陽光発電システムはほとんどこの方式です。

独立型の商品は、太陽光で発電した電気だけで運転するものです。

太陽光が少ない曇りの日や夜間にも運転する場合には、蓄電池に電気を貯めておく必要があります。

これは街路灯などで使用される商品となっています。

一般家庭においては、系統連携型の太陽光発電商品を取り付けるということになります。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ