So-net無料ブログ作成

太陽光発電の補助金や価格・売電効率の比較検討しよう

太陽光発電による詐欺

悪徳業者と並ぶ悪い奴ら、詐欺

太陽光発電の契約をして、頭金が必要とかいって、数万円を渡すとそのままとんずら。

疑いの目で迫ると、本社に確認をしますと言って、架空の上司が電話口に出てもっともらしいことを言ったりします。

もちろん全員グルで、詐欺集団ですからご注意を。

以前は太陽光発電は500万円とか高価な時代も確かにありましたが、今では200万台が主流です。

それよりも太陽光発電の機材は安いときがありますから、詐欺を考える奴らにとってもやりやすい金額となっているのは確かです。

太陽光発電にしませんか?というセールスマンは、先ずは疑ってみることと、契約はすぐに行わないこと。

もし、押し切られた場合は、すぐに契約破棄の手続きをすること、頭金というものは絶対に渡さないことです。

1人暮らしの高齢者や女性ですと、なかなかここまで押し切られるとと自信かがない方は、鍵をかけて、家の中に詐欺を絶対に入れないことですね。

詐欺というのは、どこからでも入ってくるものですから、自己防衛が必要です。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の悪徳業者

世にはびこる悪徳業者

太陽光発電システムを売りつけようという奴らも結構存在しています。

いかにもセールスマンらしい格好をして、太陽光発電の良さをべらべらと話します。

お得になる、エコだの、大手メーカーの名前を次から次に出して、こちらの出方を待っています。

ここで、悪徳業者の口車に乗って太陽光発電の取付しようというのなら、いきなり見積書と同時にローンを組ませようとします。

ここが注意です。

すぐに成約という形に持っていこうということと、現金ではなくローンにこだわることです。

そして、悪徳業者が狙うのは、太陽光発電に限らず、何でもそうですが高齢者を対象にするか、家の主人がいないときというのが鉄則です。

そして、極めつけの悪徳業者の手口は、太陽光発電の契約はすぐに行うのに、工事に取り掛かるのはたいてい一週間後ということです。

これは、クーリングオフを避けるためです。

もし、太陽光発電以外のものでも悪徳業者にひっかかったと思ったら、一週間以内なら契約を破棄できるクーリングオフが使えますから、安心してください。

そこで、契約が終わればいいわけですが、1人暮らしの高齢者やこのような仕組みがわからない人にとっては、ちょっと悪徳業者の存在は心配です。

周りの方の気遣いが大切です。


まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の補助金と割賦販売について

太陽光発電について訪問販売等による苦情などが相次いでいるという実態があります。

何しろ太陽光発電は高価ですから、割賦販売などを勧められ、そのままクレジット会社との契約に至ってしまうということもあるようです。

太陽光発電にしませんか?補助金もあります。割賦販売で大丈夫です。きっとお得ですよというような宣伝文句で太陽光発電の一式を売りつける業者には気を付けてください。

それでもきちんとした会社で、名刺なりを置いておくというような場合でも、割賦販売の書類にはすぐには印鑑を押さず、あとで返事をするという形を取りましょう。

そして、不安な場合は、消費者相談などに尋ねてみて、改めて必要性に関して、家の人と相談をするなどしましょう。

太陽光発電は高価ですから、割賦販売というのは常識です。

しかし、実際に品物を手にするまでは、信用ある会社で手続きを行いましょう。

太陽光発電には補助金もあるのは確かです。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の悪徳業者

悪徳業者というのはどの分野にもはびこるこの世の悪です。

ある日、自宅のチャイムをならし、無理やり太陽光発電の説明をし、時には脅し、時にはおだて上げて、不良品などを押し付ける太陽光発電悪徳業者

実際に事件にもなり、逮捕者が出たこともありますが、消費者としても気をつけなくてはいけないことです。

太陽光発電のセールスマンというのは実在する営業マンですが、問題はその内容です。

法外な価格やアフターケアの説明もなく、ひどい場合は、頭金といって何%かを振り込ませ、そのまま何もしないという悪徳業者もいます。

太陽光発電については、わからないことが多いため、騙されやすいということもありますから、太陽光発電のセールスマンが来たら、しっかりと名刺をもらい、後日連絡をするということをしましょう。

その時に少しでも不審なことかある場合は、消費者相談や警察へ行くこともお忘れなく。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ