So-net無料ブログ作成

太陽光発電の補助金や価格・売電効率の比較検討しよう

太陽光発電の電気の買取り制度

太陽光発電で使わない余った電気は電力会社に買取りをしてもらう制度があります。

現在、1KWあたり24円という価格で、10年間の契約となります。

その買取り制度が、平成21年11月より48円になることは決定しています。

ですから、このときに合わせて、太陽光発電を取付を行うと、買取り制度によってお得が変わってきます。

この買取り制度で、全ての太陽光発電の取付費用が賄えるかというと、そのあたりはなんともいえないですが、本来使わない電気がお金になる買取り制度は歓迎です。

既に他国では、本格的な太陽光発電買取り制度を行っているところもあり、先進国の日本として後発となります。

今後は、買取り制度の見直しや太陽光発電の取付費用が安くなると、なお嬉しいことです。
タグ:節約 エコ 売電

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の買取

国が推奨する太陽光発電買取制度が11月から始まりました。

余った太陽光発電を電力会社に買取をしてもらうというもので、家庭においては利益となります。

太陽光発電は、あまったものは貯めておくシステムがないため、無駄な電力が発生するわけです。

それを無駄なく電力会社に買取してもらおうということですから、利益優先型の考え方ですが、環境にも優しいエコ活動ということがいえます。

買取の期間は10年間で、買取価格は固定となっています。

既に太陽光発電を行っている方、これから太陽光発電を行うという方にとっては、嬉しい話ですね。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ