So-net無料ブログ作成
検索選択

太陽光発電の補助金や価格・売電効率の比較検討しよう

太陽光発電のバッテリー充電

家庭内においてバッテリー充電の機会は色々あります。

特にUSB給電に対応しているバッテリー充電などは、パソコン環境などにはとても役立ちます。

そのバッテリー充電太陽光発電でできるというものが売れています。

その性能はたいしたもので、携帯電話などの充電切れにも対応でき、持ち運びが便利な小型サイズの太陽光発電充電バッテリーもあります。

このように外出先でも、太陽光発電さえできれば、慌てずにすみますね。

特に携帯電話などではとても役に立つアイテムです。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電と太陽光パネル

太陽光発電に必要な機材はいろいろあります。

太陽光パネルは、太陽電池として使用できる最小の単位(セル)をつなぎ合わせたものです。

ガラスやプラスチックで保護して、設置しやすくしたものを太陽電池パネルもしくは太陽電池モジュールと呼んでいます。

家の屋根で見かけるのは太陽光発電の要となる太陽光パネルです。

太陽電池の太陽光パネルの種類は、シリコン多結晶、シリコン単結晶、アモルファス、それらを組み合わせたハイブリッド型があります。

どれが良いかという選択よりもご家庭の太陽光発電のシステムにあったものを選ぶ必要があります。

太陽光パネルは、特殊用途として化合物系のものもあり、さらに近年色素系や球状のものも注目されています


まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の寿命

太陽光発電に必要な機材は、太陽電池モジュールとパワーコンディショナー。

一度太陽光発電を付けると、長い間使うことになりますが、風雨にさらされる屋外に置くわけですから、当然寿命も気になります。

ちなみに、太陽電池モジュールは20年以上、パワーコンディショナーは10~15年ぐらいです。

太陽光発電の表面が強化ガラスで保護されているモジュールの場合が寿命は20年以上と言われています。

太陽光発電システムには、駆動部分がないということは、他の発電システムに比べても寿命が長くメンテナンスも簡単と言われています。

太陽光発電の汚れは雨によって自然に流れますが、何年かに一度、業者に定期点検を依頼すれば安心です。

しかし、太陽光発電のパワーコンディショナだけは長くても寿命は15年なので、設置後10年経った時点で点検をしてみてください。


まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の架台

太陽光発電のパネルなどは、太陽光を浴びる為に設置するわけですから、当然外で、風のあたりが強いところです。

ですから、太陽光発電架台については、強度が求められています。

近年の異常気象とも言える極端な暴風雨は各地で屋根などの破損という被害をもたらしています。

一般住宅の太陽光発電設備は屋根の勾配に合わせて設置するので、暴風に対しても安全といわれています。

しかし、10kw以上の大型太陽光発電などの場合、発電効率の良い角度に架台を傾斜してアレイを取り付けはしますが、突然の暴風雨などに関して架台の強度は万全にしておかなければなりません。

特にアレイを支持する架台は、架台の各部の骨組み部材、プレーシング、接合部、アンカーボルトなどの基礎部分のすてべに関して荷重に対して許容応力と撓み以内に有ることが必要です。

このことから暴風時、地震時、積雪時に太陽光発電設備の強度の確保するためには、アレイ架台の強度計算と詳細設計図により製作して安全を保つ事が重要です。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電と蓄電

太陽が出ているときには盛んに発電を行う太陽光発電

曇りの日や夜間の発電は今のところ不可能ですが、晴れた時の太陽光発電蓄電できるのなら、後で使うということができます。

では、今の太陽光発電蓄電というのはできるかというと、一部の太陽光発電のみ蓄電ができる段階で、一般的には蓄電は無理なようです。

現在蓄電できるものとして「ちくでんSUN」という商品があります。

ただし、この蓄電した電気を使える電化製品にも限りがあり、大型の冷蔵庫やエアコンなどは使用できないようです。

しかし、この太陽光発電蓄電システムというのは、これからの開発が楽しみです。

蓄電が可能になると、電力が全て太陽光発電で、というのは、夢ではないかもしれませんね。


まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電システムの解説

太陽光発電システムについては、先ずご自分で調べてみるということをしてみてください。

各メーカーが簡単な解説や図式などで表現しているところもあります。

何も知らずに、いきなり工事に入ってもらうより、太陽光発電システムの仕組みやある程度の解説が知識として入っていた方が、安心感があります。

決して安い買物ではないですし、あとからもし知っていれば、買うかどうかの選択があったというようなことがないよう、専門的な知識までは行かなくてもシステムの解説を知る程度のものはあったほうが良いでしょう。

太陽光発電システム解説、仕組みなどで検索をしてみると、わかることは結構あります。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の仕組み

太陽光発電は、半導体を素材とした板に照射し、それを電気に変換をして使用できる形にするという仕組みになっています。

今ご家庭でよく使用される太陽電池入りの電卓など同じ仕組みということになります。

屋根の上に板を取り付ける太陽光発電は、太陽の光をふんだんに取れいれる為のものであり、とにかく多くの光が当たることでも、発電量も変わります。

すなわち、曇っているときなどの悪天候、夜間は発電することはできません。

また、昼間使い切れなかった太陽光発電からの電気を、貯めておくということもできません。

しかし、そんなときは電力会社などに売電をする契約をしておくと、無駄にならず、お金にもなります。

太陽が当たることで電気が発電する仕組みになっている太陽光発電ですが、エコブームや節約のためにと取り付ける家庭も多くなっています。

仕組みから考えて、取り付け工事なども簡単なものではありませんが、もっと多くの家庭への普及ができれば、確実にコストダウンはできることでしょう。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電までの流れ

太陽光発電を取り付けるための流れは大体どこも同じです。

先ずは太陽光発電の工事会社の決定になりますが、見積や比較などをして検討をします。

太陽光発電に関しては、工事会社は電力会社との打ち合わせなどがありますから、普通の工事の流れとは変わってきます。

また、電力会社との受給契約をするなど、全体の流れは工事会社との打ち合わせが必要になってきます。

太陽光発電の工事会社に全てをお任せというのではなく、流れをきちんと把握しておくということが大切です。

何事もお客である自分が真ん中にいれるという立場をもちましょう。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電のパワーコンディショナー

太陽光発電パワーコンディショナーというと、交流電気の変換というのが大きな役割になります。

例えば、太陽光発電の部分に太陽の光が当たり、発電をして電気が発生します。そのままでは電気としては使用できませんから、ここでパワーコンディショナーの登場ということになります。

使える電気に変換をするだけではなく、太陽光発電パワーコンディショナーは、電圧や電流などの電気の性質を調整するなどして、発電する電力を使える電気にしてくれるというものです。

太陽電池に太陽の光が当たって作られる電気は直流電気ですから、それを交流電気に変換するのもパワーコンディショナーの役割。

このほかにも周波数・電圧・電流などを細かく調整する、などのパワーコンディショナーです。

太陽光発電に必要不可欠な存在がパワーコンディショナーです。

太陽光発電パワーコンディショナーはメーカーにより屋内型と屋外型があります。


まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電のシステム

屋根に大きなパネルをつけて、太陽の光を浴びることにより、発電をしようというのが太陽光発電ですが、そのシステムの種類はいろいろあります。

すべては、パネルに太陽光があたるということでは同じですが、その後のシステムにより太陽光発電が燃料電池と組み合わせて蓄電を可能にしたシステムや電力会社との契約を考えたシステムなどいろいろです。

メーカーもそれぞれに独自の太陽光発電システムをつけたものを売り出していますから、先ずは一巡してみるのもいいかもしれません。

そして、何よりも日進月歩の進歩の時代ですから、来年はこんなシステムも可能になりましたというようなことがどんどんと出てきそうな太陽光発電

新築、改築の際には、地球にも優しい太陽光発電システムを考えみてください。


まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ