So-net無料ブログ作成

太陽光発電の補助金や価格・売電効率の比較検討しよう

太陽光発電と経済産業省

太陽光発電については、国の機関では経済産業省が担当になります。

平成20年11月に、経済産業省、環境省、国土交通省及び文部科学省、「太陽光発電の導入拡大のためのアクションプラン」が発表されました。

その目的として、太陽光発電の導入拡大を図ることを大きな目標とかかげています。

具体的な取り組みとして、技術開発の促進や補助金、エコ・アクション・ポイントなどが挙げられています。

経済産業省による積極的な動きに対して、太陽光発電導入拡大を図るための需要・供給サイドの取組みの強化、制度環境等の整備、太陽光関連産業の国際展開の支援などが動き始めています。

また、経済産業省による発表で、2011年より太陽光発電による余剰電力の売電価格の倍増など計画が着々と進められているのが現状です
タグ:行政 推進

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の助成金

太陽光発電助成金というのは補助金と同じと考えて良いでしょう。

国では、1KWあたり7万円という助成金があり、そのほかに県単位、市町村単位の助成金があるところもあります。

このような助成金を上手に組み合わせることで、当初かかる費用よりもずっと安く太陽光発電を入手することができます。

太陽光発電は、太陽が出ているときに発電をしますが、夜に使うということができないため、使い切れなかった余った電力は電力会社に売電するこどができます。

例えば、1KW50円(平成21年より)の売電価格の予定ですと、助成金とプラスをして、ローンの返済期間も費用も軽減できるということです。

このように考えると、助成金を利用する、売電を上手に使うことで、太陽光発電はずっとお得なエコエネルギーになるということです。

タグ:自治体 差額

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の補助費

現在、経済産業省は、家庭への太陽光発電設備の補助費について、出力1キロワット当たり7万円を支給しています。

一般的な家庭に導入される太陽光発電は3~3.5キロワットといわれています。

補助費は1戸当たり21万~25万円程度になります。

太陽光発電の平均設置費用は約230万円のくらいですから、全体の1割程度が補助費でまかなうことができる計算となります。

また、自治体によっても同じくらいの補助費を用意されているところもありますから、全体の2割程度が補助費ということも可能なわけです。
 
具体的な補助費の対象は、1キロワット当たりの設置費用が70万円以下と、平均よりも安価で、一定の効率性や耐久性が確保されたものに限定され、毎年一定数の補助費が決められています。

以前の太陽光発電の設置補助費は1994年度から2005年度まで実施されましたが、再び補助費が復活した形になります。
タグ:違い 自治体

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の補助金と推移

太陽光発電補助金制度があった2005年までは、太陽光発電の設置台数は増えていましたが、2006年に補助金制度が廃止され、設置台数は頭打ちとなりました。

しかし、世界的な地球温暖化防止や環境問題により、太陽光発電が見直され、日本で補助金が復活した2008年度からの推移は順調に伸びています。

そして、2011年からは、余剰電気をの買取価格がこれまでの2倍になるということから、太陽光発電の設置台数の推移は増える見込みです。

確かに、二酸化炭素を出さないクリーンエネルギーとしての太陽光発電ですから、これらの推移は期待ができるでしょう。

補助金に関しても国は積極的な姿勢を見せていますし、自治体などでも独自の補助金制度を設けるなど、太陽光発電の設置台数の推移はますます増えるでしょう。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の申請書類

太陽光発電を設置するに当たっては、国や自治体など手からの補助金制度があります。

せっかくの機会ですから、太陽光発電を設置する方は、補助金を利用すると良いと思います。

それには申請書類の提出がありますが、たいていこの補助金をもらおうというする場合、募集期間が決まっていて、その間に申請書類の提出が義務付けられています。

そして、募集定員が多い場合、太陽光発電申請書類からの抽選という形になるのが一般的なようですから、必ずしも補助金が出るとは限りません。

時代はエコブームで、燃料代の高騰や太陽光発電の設置価格も下がってきたり、売電価格も2倍になるなど、太陽光発電を取り巻く環境は良くなってきています。

太陽光発電をお考えの方は、早めに申請書類の取寄せをお考えになった方が良さそうです。

窓口は各自治体です。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の補助金、埼玉県の場合。

太陽光発電の補助金についてですが、埼玉県では各都市の自治体が自主的に行っているところが多いですが、全ての市町村というわけにはいかないですから、確認が必要です。

埼玉県としての補助金制度や給湯器や燃料電池の設置に対する補助金制度など、特徴ある補助金も実施しています。

埼玉県に限らず、日本の都道府県で太陽光発電補助金制度はあります。

市町村によっても、補助金に差はありますが、この補助金で工事の一部が賄えるので助かりますね。

埼玉県に家を建てようという方、太陽光発電を思うのなら、補助金のある市町村を探してみてください。

しかし、期間限定の場合がありますので、ご注意を。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の補助金、自治体でも。

太陽光発電補助金については、国でも制度が整っていますが、自治体ごとに補助金制度を設けているところもあります。

残念ながら、日本全国というわけにはいきませんが、太陽光発電をお考えの方は、お住まいの自治体へ聞いてみてください。

この自治体太陽光発電補助金の場合、予め金額や期間が決まっていることが多く、一定数、一定金額がになってしまう場合、そこで打ち切りということがあります。

また、期間が決まっている場合も同じことですから、太陽光発電の導入を決めたのなら、早い時期の検討か、自治体太陽光発電補助金に合わせた導入という形でも良いでしょう。

いずれにしても、住んでいる自治体太陽光発電補助金のことは聞いてみることが先決ですね。

もし補助金制度が全くない場合は、時期的なことは急がないことですから。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の補助金ってある?

国では、温暖化防止に貢献するという意味で、太陽光発電を導入する際には補助金制度があります。

太陽光発電補助金の内容は、太陽電池出力1kwあたり7万円です。

実は、この制度は以前からあったものですが、地球温暖化防止のため2006年に復活したものです。

また、地方自治体単位でも、国とは別に太陽光発電に対する補助金制度があるところもあります。

これは国とは別の申込になりますから、お住まいの自治体にお問合せください。

少しでも補助金があるとうれしいものですし、なんと言っても太陽光発電は地球温暖化防止に立派に貢献しているのです。

太陽光発電補助金をじょうずに使いたいですね。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ