So-net無料ブログ作成
検索選択

太陽光発電の補助金や価格・売電効率の比較検討しよう

太陽光発電、仙台市の取り組み

仙台市では、エネルギーの要綱利用に関する調査報告書を作成した結果、仙台市の日照時間や日射時間の大きさから言って、太陽光発電の効率のよさが認められました。

平成9年3月に取りまとめられた報告書で、今までのエネルギーに変わる新エネルギーを仙台市として模索していたときでした。

この報告書を踏まえ、仙台市では重要的に1施設あたり10kw程度の太陽光発電システムを平成9年度から小学校等の公共施設に導入を開始しました。

この太陽光発電システム導入事業に関しては、仙台市実施計画において、公共施設への率先導入を仙台市地球温暖化対策推進計画において太陽光などの自然エネルギーの有効利用を揚げています。

仙台市の地球温暖化対策及び新エネルギーの有効利用に関する重点的な柱として太陽光発電を位置づけをしています。

「環境負荷の少ない循環型の都市」の構築と仙台市の地球温暖化対策の推進を図るため、本市における新エネルギーの導入などを目指しています。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の発電量

太陽光発電発電量に関しては、住んでいる地域によって変わってきます。

日照時間が長い地域であれば、当然太陽光発電発電量は多くなりますし、一年のうちで晴天の日が多ければ多いほど、発電量は年こどに変わってきます。

また、取り付ける太陽光発電のシステムによっても、発電量は変わってきます。

どうしても電気量など比較をしてみたくなるものですが、確かに電気量が減っていきます。

発電量上位表示で充分に家の中の電気がまかなえることが理想で、欲を言えば、電力会社に売電までいければ太陽光発電での投資ということも考えられます。 少しでも多くの発電量を生むような太陽光発電の取り付けと、あとは照る照る坊主で昼間にとにかく晴天になることを祈ることです。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の効率について

太陽光発電の最大のコツというのは、太陽光がエネルギーに変換するときの変換効率のよさということになります。

細かな計算の上に太陽光発電のシステムが考え出されたわけですが、毎日晴れるというわけではなく、曇りの日や夜もあります。

ですから、晴れている日にいかに効率よく太陽光発電ができるかということです、

各メーカーや研究機関では研究が続けられていますが、様々な技術開発が行われ、消費者としては、安く効率のよい太陽光発電が可能なシステムが待ち遠しいですね。

設置方法についてもいろいろですが、屋根の傾斜などとも考えると、設計段階から太陽光発電のことは頭に入れておくことですね。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ