So-net無料ブログ作成

太陽光発電の補助金や価格・売電効率の比較検討しよう

太陽光発電の競争が激化か?


太陽光発電は例の東日本大震災の原発問題もあってか
導入しようと言う方が増えてきています。

また政府の政策として
2012年から太陽光発電での生み出した電力を
電力会社が購入するいわゆる売電の本格的な動きも
来年からいよいよスタートしますね。

そんな中で気になるのは、最近良く見かける
太陽光発電の会社の増加です。

近所でもちらほら見かけるようになりました。
正直、これは競争の激化とも言えないでしょうか?
どうなんでしょうかね。

もっと増えてきたら、競争が激化して
値段も安くなれば良いのにと思いますが
本格的な動きはやはり2012年からになるのかもしません。

また既にネットを使って太陽光発電会社の集客を始めている所が
出てきています。

いわゆる太陽光発電会社の一括資料請求です。
これで各社の太陽光発電システムの比較検討を行って

格安で太陽光発電を導入しようと言うものです。

もっとこういう感じで比較検討して、導入コストがやすくなるといいですね。

という訳で、本日はこの辺で!
来年は特に太陽光発電に注目です。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電は安い?

太陽光発電は、年々その設備が安いものになっています。

取り付ける家庭が多くなったことと、地球温暖化防止、二酸化炭素排出削減を提唱する国の動きで、電力会社への売電高くなるなど、量産されていることも安い理由の一つになっています。

それでもまだ200万以上の初期費用は考えおかないといけないですから、決して安い買物ではありません。

しかし、一家庭であっても地球温暖化防止に貢献し、節電を心がけるエコな生活が実現するわけですから、これから安い価格になる太陽光発電に期待です。

キットこれからはもっと安い価格で太陽光発電の入手も可能ですし、コスト的にも安くなることでしょう。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電は高い?

太陽光発電の取付は全て行って大体250万円くらいと言われています。

この金額は高いと思われるかどうかは、個人差がありますが、太陽光発電の場合、ただ消耗を待つだけではなく、発電される電力を家庭内で使うことにより、本来かかるはずの電気料金の削減が期待できます。

太陽光発電と家庭内の電気使用によっては、15~20年くらい。また、余った電力電力会社に売ることにより、それよりももっと早く元が取れるものです。

ですから、250万円は高いと感じますが、いずれはその金額はゼロになると考えると、高いという概念からは少し離れるのではないでしょうか?

太陽光発電の取付の際に、高いもの安いものなどがありますが、耐久性や家にあったメーカーなどの種類がありますから、施工業者との納得のいく話し合いが必要です。


まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の費用

太陽光発電費用については、各メーカー、施工業者によって様々です。

ですから、太陽光発電の取付を決定する際には、この費用については第一に考える方が多いと思います。

また、国や自治体からの補助金制度もありますから、大いに利用しましょう。

費用に関しては、長い目で見ることによりの、電気料がお得になるだけではなく、20年間くらい使用することで費用そのものもゼロになるという計算にもなります。

ですから、太陽光発電の取付や費用に関しては、長期的な計画が必要ということになります。

各メーカーや施工業者との太陽光発電費用に関する打ち合わせは慎重に。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の比較は大事

太陽光発電というのは、一社だけで独占的に行っている事ではありません。

材質から施行まで、様々な業者が行っているようです。

そこで、実際に自分で太陽光発電を取り付けようという場合、何社かの比較をすることをお勧めします。

比較サイトなどで、太陽光発電の商品を紹介しているところもあります。

ここですと、リンクが貼ってありますから、太陽光発電に関して比較をしてみてすぐに問合せをしたいということになると簡単にできます。

太陽光発電に関しては、技術開発進んでいる段階ですから、新製品が良いという場合もありますが、そうなるとコスト面で高くなったりということもあります。

比較をしてみることで、このような太陽光発電の新製品の比較などもできますから、是非利用してみてください。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の見積をしてもらおう

太陽光発電を取り入れようという場合、当然見積をしてもらう必要があります。

先ずは施行業者の特定ですが、これは予め何店かの販売店などで見積をしてもらうと良いでしょう。

その際に、太陽光発電を付ける際に、屋根の点検などを行うなどの行動が伴っているかがチェックをしましょう。

図面だけで太陽光発電の設置の見積をあげようという場合、ちょっとチェックをしてみましょう。

というのも、実際はどうなんだという場合、具体的な見積段階になると、新築以外の場合は屋根を点検を行う業者が安心ということです。

太陽光発電の設置は安い買物ではありませんから、簡単に安くあげるというのも大切ですが、確かな腕と品質という面において見積段階からのチェックも重要です。


まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の価格を比較する

新築もしくは改築をお考えの場合、太陽光発電を導入したいという方にとって、一番気になるのは価格、ではないでしょうか?

どこの業者で施行をとお考えの前に、パソコンなどで、太陽光発電に関する価格比較をしてみてください。

地域によっての価格差はありますが、材質や施行方法により、住んでいる場所までの施行ができる業者で、価格比較上位表示をすると安いとか、口コミなどで評判が良いという業者にお世話になる方が何かと都合が良い場合があります。

補助金などがあるといっても、太陽光発電にかかる費用は100万円以上、ものによっては300万円というものですから、価格比較は大切なことだと思います。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

太陽光発電の価格は?

地球に優しいエネルギーをということで、太陽光発電を導入ということになりますし、気になるのは価格です。

屋根に取り付ける形のもので、材質やメーカーによって価格の差は大きいのですが、200万円台というのが一般的なようです。

その太陽光発電の価格の中には工事費も入っていますし、住んでいる自治体によって、補助金が出ます。

ですから、正確な太陽光電池の価格というのは不明ですが、先ずは見積りなどをとることが大切です。

住んでみてから、一年間の太陽光発電による光熱費の削減などを勘案すると、200万円台という価格はどう見ますかね?

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ