So-net無料ブログ作成

太陽光発電の補助金や価格・売電効率の比較検討しよう

昭和シェルソーラーの太陽光発電の導入体験事例


本日の太陽光発電の導入事例インタビューは
昭和シェルソーラーを導入された体験者のお話です。

平成19年に設置されてから現在に至るまでの話や
補助金の活用がポイントであるというお話は大変参考になりました。

以下、詳細となります。


■ 導入されたメーカー

昭和シェルソーラー(株)


■ 導入に伴う費用

約270万

■ 導入後、電気代はどの程度変りましたか?
 実際の減った電気代料金はいくらでしたか?


5〜6千円/月


平成19年に神奈川県に新築住宅を建てた際に太陽光発電を導入しました。

設置した動機は、実家に設置していた両親の勧めと
都市ガスが無いためオール電化を検討していたためです。

設置当時は、シリコンが品薄で在庫を確保するのが大変だったのと
補助金が無い期間だったので割高だったのかもしれません。

建築計画をする中で住宅の屋根形状の変更があり
パネルの据付計画のやり直しを何回かメーカーの人に行ってもらい
最終的にはモジュール18枚で2.4kwのパネルとなりました。

欲を言えば3.6kw程度あると良いなと思っていたので
追加できるように少し屋根の一部を空けています。

山の上の北側斜面なので日照に多少不安があったのですが
問題なく発電しています。

太陽光発電と太陽熱温水器を同じものと思っていたので
屋根の上にちょんまげのように乗るのはかっこ悪いと思っていましたが
フラットパネルで見た目もすっきりしています。

省エネ効果については、年間を通して
やはり陽の高い春秋が発電効率が良く
5,6月は2〜3千円儲かるようです。

電気代自体は新居の前の賃貸住宅の時とあまり変わらないのですが
オール電化でガス代が0のため差し引きガス代分が
浮いているようなイメージ(5〜6千円)となっています。

イニシャルのコストを回収するには
20年ぐらいかかる見込みで、やはり補助金のあるときに
設置するにかぎると思います。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

ノーリツの太陽光発電システムの導入体験インタビュー

当サイトでは、太陽光発電の導入事例の
評価や口コミをご紹介しております。

下記は実際の導入体験をインタビューにより
実際に導入された方の太陽光発電の導入事例です。

今回はノーリツの太陽光システムを導入され方のインタビュー記事です。


■ 導入されたメーカー

ノーリツ


■ 導入に伴う費用

約220万

■ 導入後、電気代はどの程度変りましたか?
 実際の減った電気代料金はいくらでしたか?


6000円くらい


もともと大阪ガスのエコウィルを導入していましたので
太陽光発電まではとの考え方でしたが

やはりメディアでの取り上げられ方や東日本大震災で
起こった原子力発電所に対する怖さから導入を決心しました。

色々なメーカーが太陽光発電をやっている中で
僕の知り合いの工務店が仲介をやっておりましたので、そこに一声をかけました。

知らない仲ではありませんでしたので
メーカーや工事などの色々な話に親身になって考えてくださって
ノーリツという会社を斡旋してくれました。

他メーカーさんより良心的な値段にしていただき
工期に関してもこちら側の要望を組んでいただき
できるだけクライアントに負担がかからないように段取りをしていただきました。

メリット・デメリットという面は
導入して日が浅いため何ともいえない状況ですが

初期投資にかなりの金額がかかりましたが
やはり限りある資源を有効活用できているという自己満足は持てる事ができました。

デメリットの面でも、ランニングコストがどれくらいかかるのかが不安です。

機械一つが故障や不具合があったら
メンテナンスや交換修理に多額のお金を投入しなければならないことが気がかりですね。

ともかくやらずに後悔するよりはやってみて後悔するほうがいいので
それなりに僕は満足しております。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ

ソーラーフロンティアの太陽光発電の口コミ・評価は?

当サイトでは、太陽光発電の導入事例をご紹介しております。
下記はインタビューにより、実際に導入された方の太陽光発電の導入事例です。

今回はソーラーフロンティアという施工会社にて
太陽光発電システムを導入され方のインタビュー記事です。


■ 導入されたメーカー

ソーラーフロンティア

■ 導入に伴う費用

98万円

■ 売電込の節約金額

120,000/年→86,000/年で34,000減


使っていない余った電気を電力会社に売ることができるということで興味をもちました。
家の購入予定がありましたので、妻がオール電化に興味をもっていたことと、購入予定のハウスメーカーと自治体が太陽光発電システムを進めていましたので、丁度良いと思い購入に踏み切りました。

現在は売電が2万弱あり、電気料金はすべてカバーできています。

購入時のシミュレーションで10年で
購入費用を取り戻せる見込みでいましたが、それ位か少し短くなりそうです。

買電と売電の差額で太陽光パネルシステムを
分割払いしているようなもので、実質、設置場所提供だけで
成り立つように仕組みがあれば更に良いと思います。

20年の保証はついていますが、老朽化などはやはり心配です。
太陽光パネルシステムの電力出力効率がこの先どのようになっていくか
もし大きく変わるのであれば、

差し替えを選択できれば良いと思います。

パネルのコストダウンの可能性もありシリコンインク太陽電池などにも期待しています。
行政が太陽光システムを推進するなら
このシステム全体の保証を考えてほしいと思います。

購入して一番良かった点は、最近は震災などの被害が
続いてますので、自家発電できるということはすご

く安心に繋がっています。震災以降
企業や個人宅での導入意欲が高まっているとのことですが納得です。

実際、普及した後の売電価格の変化も気になりますが
自家発電はもっと普及すべきだと思います。

まず太陽光発電の価格は?業者の比較検討ならコチラ